白石康次郎さんが挑戦しようとしている世界一周単独ヨットレースである “Vendée Globe 2020-2021” について、コロナ禍の終わりが見えない中、IMOCAより11月8日にスタートすることが発表されました。しかし、そうなると前回の完走者たちはレースへの参加権が既にありますが、それ以外の白石さんを含む参加権の未だないエントリーについては参加資格となるIMOCAが指定する4つのレースで完走する必要があります。しかし、2019年までに2つのレースが終了しており、残るは2020年に行われる2つのレースで参加資格を取得する予定でしたが、新型コロナの影響で2020年のレースが全て中止となっていることから、代替レースの企画が急がれていたわけですが、ついに7月4日に2020年予定の2つのレースを一つにまとめた形で最初で最後のレースがスタートすることになりました。その名も”Vendée-Arctique-Les Sables-d’Olonne”「ヴァンデ・アークティーク・レサーブルドロンヌ」(通称:VOLSO) となって、これまでになかった形での特別開催となっており、無観客の形で開催されます。

そこで今回は、この “Vendée-Arctique-Les Sables-d’Olonne” について書いておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Vendée-Arctique-Les Sables-d’Olonne とは?

ヴァンデ・アークティーク・レサーブルドロンヌ は、本来なら2020年に行われる予定だった2つのヴァンデグローブ参加資格の取得チャンスである、”The Transat 2020″ と ”New York – Vendée Les Sables d’Olonne 2020″ が新型コロナの影響で中止なったことから、資格を未だ持っていないスキッパーに対して、それらの中止なったレースの代わりに行われる資格取得レースでもあります。
本来は、フランスとアメリカ大陸間の大西洋を横断する往路と復路と言う形で2つのレースが設定されていましたが、コロナが益々拡大しているアメリカへ渡るレースはできないことから、今回のVOLSOではフランスを出たら無寄港で2つのポイントを回って元のスタート地点へ戻る、トライアングルの大西洋無寄港コースとなっています。

コースマップ

今回のコース設定は、北はアイスランド、南はアゾレス諸島と寒暖差の非常に激しいコース設定となっており、本番のヴァンデグローブの練習レース的な要素も含んだ3600マイル(理論マイル数)となっています。

6つの国から21艇が出場

このレースには、6つの国籍を持つ21人のスキッパーが参加予定です。そのうち4人は女性スキッパーです。また、21人のうち4人のスキッパー (白石康次郎, Armel Tripon, Isabelle Joschke et Clément Giraud) は、ヴァンデグローブ2020-2021への参加資格を得るためのエントリーとなっています。(参加資格取得には、このレースを完走する必要がある。)
我らが日本から参加の白石康次郎さんについては、参加艇の準備に2019年いっぱいまで時間を要したことで、2020年の2つのレースで実践航行と参加資格取得を目指していたわけですが、それが今回の一発勝負となってしまったわけです。

ハイスピード化するIMOCA60

世界をシングルハンドで巡る”Vendée Globe”では、その技量と艇の安全性を証明する必要があります。また、ハイスピード化するIMOCA60艇における様々な予行演習を踏まえたこのレースは、結果的に”Vendée Globe 2020″に出走する全スキッパーが参加します。

IMOCA60

左右にフォイルを装備するIMOCA60艇は、これまでのレース艇に比べて飛躍的に早いスピードでクルージングします。その速さに適応するためにも、このレースへの参加は非常に重要な意味を持っており、最大30ノット近くのスピードにスキッパーたちは対応する必要があります。
ヴァンデグローブでは、南極海近くの流氷を避けながら進む必要が出てきますが、今回のレースの北側のコース上でも同じようなシチュエーションで流氷に遭遇する可能性もあり、これは本戦のヴァンデグローブを想定したコース設定になっているわけです。

白石康次郎さんロリアンからのライブ映像

ヴァンデグローブ2020-2021 に向けて準備を進めていた白石康次郎さんですが、VOLSOに向けた練習等を終え最終調整段階に入っている様子や新艇などの紹介映像が来ていますので、ご紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

6月26日 ロリアンの港でのライブ中継

HELLY HANSEN Japan(@helly_hansen_jp)がシェアした投稿 –

最後に… フランスの時差は-8時間

VALSOのスタート様子などは、フランスの主要放送局などで放送される予定ですが、残念ながら日本では放映予定がありません。しかし、ネットのストリーミングが配信される予定です。
スタート時間は7月4日15時30分でライブストリーミングは15時15分から以下のWebサイトで発信されます。
ウェブサイト: www.imoca.org
YouTubeチャンネル:@IMOCAGlobeseries
Facebookページ:@IMOCAGlobeSeries

日本との時差は日本が8時間進んでいますので、-8時間です。つまり、日本時間では 7月4日23時30分スタートとなります。ストリーミングはその15分前からの配信予定です。
ストリーミングですが、白石さんの様子を見ながら応援したいですね。

また、レース状況などは以下のサイトで確認することができます。
VOLSO
こちらも是非チェック見てみてください。

 
クリック頂けると嬉しいです

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

スポンサーリンク

コメントを残す