「ロープを知ればヨットが楽しくなる」のページではヨットにいっぱい張り巡らされているロープ類の概要をお話しましたが、僕がヨットに乗り始めた頃、暫くのあいだ戸惑ったのが各種のコントロールロープの呼び名です。マリーナから出港し、港の外に出るといよいよセイルアップ(帆を上げる)となりますが、その際にスキッパーから指示が飛びます。そのときに使われるコントロールロープ類の名称が使い道によって違うことに気付くまで暫くかかりました。ちゃんと本などを読んで事前学習したり、スクールで習ってから乗れば、こんなことで戸惑うことはないんでしょうけれど、僕たち夫婦の場合はオーナー艇にいきなり乗って見習いクルーになったので、何の予備知識も無かったので少し勉強しておけばよかったですが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今回は、セイル(帆)に関わるハリヤードとシートについてお話したいと思います。

ハリヤードとシートで戸惑う

ヨットに乗って、ほぼ全ての人が最初に戸惑うのがこの2つの名称の違いです。ハリヤードは比較的わかり易いのですが、シートはセイリング中に頻繁に聞くのでヨットで使われているロープ類は全てシートと呼ぶのではないかと勘違いする人も多いようです。

ハリヤードは帆の上げ下げ

ヨットにはマストが立っていますが、このマストを中心に帆や旗などの上げ下げを行うためのロープをハリヤード(Halyard)と呼びます。

ハリヤードの語源と意味

ハリヤードは”Hail Yard”の二語が一言になった造語です。Hailは「挨拶する、呼びかける」という意味があり、初期の帆船時代には情報伝達の手段が殆ど無かったことから帆船同士が洋上や港で行き違うときには互いの情報(出発港、行き先港、航海や天候)を交換し(挨拶し、呼びかけ)合っていました。洋上では声が届かないことから、旗で情報を交換し合っていました。旗は帆船の横帆の桁(yard)の端に上げていたので、ヤードに旗を上げる綱の事をハリヤードと言うようになったわけです。
追風のみで帆走していた横帆帆船から風に対して上れるようになった縦帆帆船(現代のヨットに至る)になり横帆が無くなることでヤード(yard)は姿を消しましたが、旗や帆をマストに引き上げるロープの事をハリヤードと現代でも言っているわけです。

ハリヤードの使い分け

現代のヨットではマストに対して帆や旗を上げ下げするロープを全てハリヤードと言っています。帆の種類によって、メインセイル用はメインハリヤード、ジブセール用はジブハリヤード、追風セイル(スピネイカー)用はスピンハリヤードと言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シートは帆の調節

セイル(帆)の前側の縁(辺)はマストやステイに固定されます。セイルは後ろ側の角を引いて張り具合を調節します。このセイルの張り具合を調節するロープをシートと呼びます。

シートの意味

シートは”sheet”と英語で書きます。これはベッドに敷くシーツを同じスペルで元々は薄い布(ナプキンなど)を示す名詞です。帆船では帆のことをセイル(sail)と言いますが、この薄い布(帆)をコントロールするロープなのでsailでは帆と混同するのでsheetと言い分けたのではないかと推測されます。帆船時代には多くの船員が力を合わせて帆を上げたり、調整したりしていました。命令を船員たちに伝えるためには、確実に伝える必要があったので、sailが入る言葉では間違いが起きるので、言い分けるためにsheetとしたのでしょう。(※この間違いが起きないための工夫として帆船(ヨット)各部の名称は全て異なる表現になっています。)

シートの使い分け

ヨットのセイルコントロールとしては、メインセイル用がメインシート、ジブセイル用がジブシート、スピネーカー用がスピンシートと言います。その他の帆があるヨットの場合も、帆の名称+シートで言い分けます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後に

ハリヤードはセイルアップ、またはセイルダウンの際には必ず使うものです。しかし、最近ではセイルを上げ下げすることでセイルを広げるのではなく、棒状に巻き取られたセイルを広げる(ファーリング)によって簡単にセイルを展開することができるヨットもあります。ファーリングによりセイルを広げる際にもやはりロープが使われていて、ファーリングラインとか、ファーラーラインと言っています。メインセイルはメインファーラーライン、ジブセイルはジブファーラーラインと言います。ファーリングはヨット特有の新しく考え出された仕組みです。

今回はヨットで使うセイルの上と下につながっているロープの話でしたが、セイルに関する用語はまだまだあります。殆どの用語が帆船時代から使われ続けてきた言葉が多く、その語源を知ると昔の帆船乗りの工夫や苦労をうかがい知ることができます。ヨットを通して、遠い昔の帆船乗りたちが考え出した知恵を知ることもヨットを楽しむヒントではないかと思います。

コメントを残す