ヨットにもいろんな種類がありますが、僕たちが夫婦が最初に乗せて頂いたのは34フィートの中型セーリングクルーザーでした。キャビンの中には長時間の航海にも対応できるようにギャレー(コンロ、オーブン、冷蔵庫、シンク)やトイレ(シャワーまである)、前後に船室(ベッドルーム)がコンパクトな船内に配置されいて、サイズ的にはマイクロバスサイズのキャンピングカーと同じような感じでした。こんな船なら宿泊先を探すことなく日本中の海を旅することができるなぁと思いを巡らせたりしていました。

僕が最もヨットで長時間の航海をしたのは、MALU号を岡山県から静岡県の清水港まで回航した時です。MALU号は中型と大型のちょうど間くらいの37.5フィートのクルーザーで、その時は先輩のセイラーと3人で船中泊しながら幾つかの漁港に停泊させてもらい、その港の近くでお風呂に入り、食事を買い、というような海の旅を楽しみました。最初に乗った船とMALU号ではわずか4フィートほどしか大きさの違いはありませんが僕のセーリングした感想は、やはりサイズが大きい方が沖に出ても安定感や安心感がかなり違うと思いました。しかし、昔はわずか20フィート前後の艇で太平洋を渡りアメリカまで行ったり、世界一周を成し遂げた人までいます。そう考えると、大きさに関わらずヨットは凄い乗り物なんだと改めて思うのです。

さて、今回はヨットの大きさの違いによる呼び方(クラス分け)を小さなものもから大きなものまでのサイズ感がわかっていただけるようにお話してみたいと思います。

スポンサーリンク

ヨットは小さなボートから大型帆船のようなものまである

ヨットの大きさはさまざまで、子供が操船できるような小さなものから、航海士がいないと動かせないような大型船までとても幅広くあります。それらをクラス分けしてご説明したいと思います。尚、各クラスの中でも細かくいろいろな艇種がありますが、今回はサイズ感を知って頂くことを中心にお話しします。

ディンギー

ディンギーはキャビン(船室)を持たない、1~2人乗りのヨットのことを言います。大きさは大体5メートル未満で、小さなものは2メートルも無い1人乗りでセイル1枚のものから競技用の5メートル弱でセイルが2枚の2人乗りまであります。
最も小さなものは子供でも操船でき転倒しにくい構造のものから、学生等のスポーツ競技用の艇まで、様々な艇種があります。

デイセーラー

デイセーラーはその名の通り日帰りセーリング用のヨットです。1人から5人乗り程度で小さなキャビンと小型エンジンが付いています。大きさは20フィート(およそ6メートル)くらいまで(乗用車くらいのサイズ感)のサイズが多いです。
※長さが3メートル以上、エンジン2馬力以上の場合には小型船舶操縦免許が必要になります。

クルーザー(小型クラス)

クルーザーは外洋の長時間航海に出られるものを指します。長時間航海するためにはトイレやギャレー、ベッドなどがキャビン内にあります。サイズは20フィートから25フィートくらい(およそ6~8メートル前後)のものが小型クラスになります。日本では最も普及しているサイズです。大体6人乗りで船内に2~3人位くらいは就寝が可能です。小型と言えども、このサイズで太平洋を渡りアメリカや世界一周を果たしたセイラーも居ます。

クルーザー(中型クラス)

大きさは30~35フィート前後(およそ9~11メートル)です。大体6人から12人乗りで、船内で4人程度は就寝が可能です。(サイズ感的にはマイクロバスタイプのキャンピングカーと同じような感じです。)

クルーザー(大型クラス)

大きさは37~42フィート前後(大体12メートル前後)です。大体12人乗りくらいで、船内に6人は充分に就寝可能です。基本的な生活設備の他に船室が2つから3つ、トイレやシャワーも2箇所という艇もあります。(サイズ感的には観光バスクラスの車両をキャンピングカーにしたような感じです。)

※欧米では、このクラスまでのクルーザーをセイルボートと呼びます。

スポンサーリンク

ビッグボート

45フィート前後~80フィート以下(13メートル以上24メートル未満)の大型ヨットのことを言います。日本の1級小型船舶操縦免許では、このクラスまでが操縦可能です。(※24メートル未満)
ビッグボートは欧米での呼び方で、日本では数が少ないことからこのクラスも大型クルーザーに含まれたりします。

※欧米でのヨット(ラグジュアリー艇)はこのクラス以上のものを言います。

スーパーヨット

80フィート以上(25メートル以上)の超大型ヨットのことを言います。ジャンボジェット機が全長75メートルくらいですので、小型の旅客機からジャンボジェットくらいまで範囲だと考えてもらえばわかり易いですね。建造費だけでも数億円から数十億円のフルオーダー艇が主流です。

メガヨット

大体300フィート(およそ100メートル)を超えるヨットのことを言います。このサイズになると、比べられる乗りものは大型船しかありません。小笠原島に行く小笠原丸で全長が150メートル、日本が誇る練習帆船の日本丸や海王丸が全長97メートルですので、大型帆船よりも大きなヨットという事になります。

 

大型ヨットの世界にもレース艇はあります

クルーザーからスーパーヨットのクラスにはレーサー(競技用)も存在します。日本ではクルーザークラスと同サイズのレース艇が多いですが、世界ではスーパーヨットクラスのレースも開催されており、非常に人気が高いです。(レース艇については、また別の機会に説明したいと思います。)

最後に

ヨットが小さなものから超大型なものまでこんなにも差があり、超大型のサイズ感に驚かれたかと思います。私もヨットを始めるまでは、こんなに大きさのバリエーションがあるとは全く知りませんでした。

風の力を使って旅することはローテクで今や時代遅れのようにも感じますが、長距離の航海では燃料の消費を大幅に抑えることがき、自然環境にもやさしく、エコツーリズムの観点からも非常に合っている乗り物です。日本では近年のクルージングブームで船旅が見直され始め、大型フェリーも殺風景な船内から綺麗に改修され人気が出始めてもいます。日本ではチャーターヨットはまだまだ普及していませんが、ヨットで旅に出ようという人が日本でももっと増えればいいなと思うばかりです。

スポンサーリンク