知人のヨットにクルーで乗ると決めたとき「クルーでも船舶免許を持ってる人には船とマリーナのキーを渡してるので、船を動かさなければ何時でも船に来て好きにしていいんだよ」って言われました。ヨットを動かさせないんだから免許なんて要らない筈なんだけど、鍵を預かれるのはとっても魅力的なオファーでした。好きな時にマリーナに来て心おきなくヨットを眺められる。マリーナのカードキーは桟橋に降りることができるので、他の船だって間近に見ることできるので、僕は免許を取るためにボート免許の教習所に通うことを決めました。

スポンサーリンク

小型船舶操縦免許

ヨットに乗るには船舶免許は必要なさそうに思えますが、実のところエンジンが付いているヨットの場合には免許が必要です。ヨットもエンジンで走ればパワーボートと言うことですね。(但し、全長3メートル未満で2馬力以下のエンジンの場合には免許は不要)

船舶免許(通称;ボート免許)は正しくは小型船舶操縦免許と言って国土交通大臣が発行する国家免許です。ボートを操縦するために国家免許がある国は、僕が知っている限り日本だけで諸外国では国家免許制度は聞いたことがありません。(※営業用の船に関して免許が必要な国は一部あるようです)国家免許という事は持っていなくて操縦すると犯罪になるという事ですね。
小型船舶操縦免許は操縦するボートの大きさや場所によって必要な免許が異なります。

1級免許

ボートの重さが20トン未満、全長24メートル未満、世界中どこへでも行ける免許です。機走(エンジンで走る)で100マイル以上沖に出る場合には機関長が必要ですが、帆走(セーリング)の場合には1人で世界中どこでも行ける免許です。

2級免許

ボートの大きさは1級と同じですが、平水区域または沿岸から5マイル以内の航行に限られます。沿岸から5マイルと言うと、およそ9キロくらいで、岸が見える範囲で走る場合の免許です。

2級湖川

ボートの重さが5トン未満でエンジン出力が15キロワット未満、湖や川を限定的に走るための免許です。

特殊小型免許

水上バイクに乗るための免許です。水上バイクは水を後方に噴出して走り、向きを変えるのも噴出する向きを変えることで方向転換する特殊な方式なので小型特殊免許ができました。水の噴射なしには方向転換できないので操船方法が従来のボートと大きく異なるので、事故が多発してこの免許は設定されるに至ったと教習所の先生が教えてくれました。

スポンサーリンク

ボート免許は車の免許より簡単に取れる!

沖縄のダイビングショップをインストラクターとして手伝っていた頃「ボート免許の1級を取ってお店の船を操船してよ」と言われたことがあってボート免許のことを調べたことがあったんですが、その頃の小型船舶1級は殆ど海技士免許と同じような内容で簡単には取れませんでした。しかし、プレジャーボートの普及促進と船舶搭載電子機器の発達により大幅な免許制度の規制緩和が行われ、今ではかなり簡単にボート免許を取ることができるようになりました。僕が最もオススメするボート免許の取り方は、国家試験免除の国交省公認のボートスクール(教習所)に通う方法です。1級でも1週間程度のスクーリングで座学から実技、試験までワンストップで終えることができます。また、費用的にも昔に比べれば教習日数が少なくなったこともあり、かなりお安くなりました。

費用はいくら?

簡単に取れるようになった小型船舶操縦免許、費用はどのくらいになったのかというと、1級で大体13万円前後、2級で10万円前後です。僕が取ったスクールでは1級は12万円弱、2級は9万5千円くらいでした。

日数はどのくらい?

教習日数ですが、1級で5日、2級で3日です。時間は朝の9時から夕方の5時まで教習でした。この5日の中には学科・実技共に試験も含んでいます。ですから、入校して5日後には免許が取れるというわけです。

試験に合格しても免許ができるまでに時間が掛かる

1級の試験に合格して教習所を卒業しても、免許証の発行までには少し時間を要します。これは、スクールによって違いがあるようです。大体3日後から1週間後くらいを目安にしておくとよいでしょう。

 

免許を取ることをお勧めします!

ヨットクルーとしてオーナーヨットやクラブ艇に乗るから免許は要らないと考える人は多いでしょう。しかし、僕の場合には動機は別にして結果として免許を最初の段階で取っておいて良かったと思っています。詳しくは別の機会にご紹介しますが、免許は無いより持っていた方がヨットライフが大幅に広がるので、是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク