最近、砂の流出で砂浜が狭くなり激混みのワイキキビーチですが、それに反して沖合で気持ちよさそうにセーリングしているヨットを見ると、僕たちも沖に出て広い海で楽しみたいなっていつも思います。沖に出るだけならワイキキビーチから出るカタマランに乗ってみるのもありな話ですが、それではビーチと同じくカタマランの上も激込みで、沖合にでてものんびりするどころではありません。特に日本人は船上ではシャイなので、イケイケのアメリカから来た若いツーリスト達にカタマランで一番いい場所(トランポリンのようなバウネットの上)を占領され、あっちへうろうろ、こっちへうろうろ、肩身狭そうにしている人をよく見かけます。(僕たち夫婦は、最初にバウネットの上に行って寝転んじゃいますが…)これ、サンセットセーリングの時も同じで、特にお酒の提供がある船だと…。

そこで、ちょっとだけ贅沢ですが、折角ハワイに来たんだからリゾート気分も満喫したいってことで、ヨットを独り占めできる手段としてチャーターしてしまうという手があります。ビーチから出る大きいカタマランというわけにはゆきませんが、それでも日本では大型クラスの40フィート前後のセーリングクルーザーですから家族旅行程度の人数ならこれで充分です。勿論、ちゃんとセーリング体験も味わうことが出来ますし、沖合でのんびりしたければ、それもゲストの意のままです。時期が良ければホエールウォッチング、運が良ければイルカと並走したり、時間一杯沖合でセーリングを楽しむことだってできます。

…ということで、今回は「ハワイ(オアフ島)のヨットチャーター」について書いてみたいと思います。

尚、欧米では「ヨット」の意味は80フィート(およそ25メートル前後)を超える豪華船のことをヨット”Yacht”と言いますが、今回ご紹介します40フィート前後のヨットは実際にはセーリングボートと欧米では言いますが、ここでは日本の方にわかり易くするためにヨットと書きます。
※詳しくは、「海外はヨットの意味が日本と全く異なる」をご参照ください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハワイのチャーター

日本ではチャーターは一般的ではありませんが、チャーターと聞くと物凄く特別感のある高級なイメージがありますね。しかし、欧米ではチャーターは非常に一般的なもので、ヨットを自分たちが楽しみたい分だけ借りることをチャーターと言います。しかし、ご自分では船の操船なんてできない、ヨットなんてやったことが無いと心配される方もいらっしゃるかと思いますが、今回ご紹介するハワイのチャーターは貸切ヨットでキャプテン(船長)つきのですので安心して利用することができます。

ハワイのチャーターヨット

今回ご紹介するチャーターヨットはハワイでは最も小さなクラスのチャーターヨットですが、それでも大きさは40フィート前後(およそ13メートル前後)もあるヨットです。日本のヨットハーバー名でよく見るヨットは30フィート前後のヨットが主流ですが、夢の40フィート代に乗るチャンスでもありますね。

セイルボートチャーター

上の写真は実際のチャータヨットで大きさは43フィート、ゲストは最大6人までというヨット(セーリングボート)です。(ワイキキを走っている2階建てのワイキキトロリーと同じくらいの大きさです。)人の大きさを見て頂くと、かなりこれでも大きいと感じられると思います。

チャーターの費用

先ずは最も気になる費用ですが、チャーターは時間制で上の写真のクラスのヨットなら1時間18000円程度で最低2時間以上からチャーターすることができます。この料金でキャプテンが付いて6人までなら何人でも乗ることができます。6人で借りれば2時間で1人あたり6000円で貸切になると思えば、かなりお得な感じだと思います。
(船によって1時間あたりの料金や最低時間が3時間以上からなど、条件が異なります。)

チャーターヨットの装備

基本的なヨットの装備はここでは省きますが、40フィート前後のヨットだとトイレが1つまたは2つ、シャワーが2つまたは3つ(デッキ上とキャビン)、CDプレイヤーやBluetoothで好きな音楽を流すこともでます。
また、船によっては釣り竿(釣りのセット)や海遊びの道具(シュノーケルやフィン)、サーフボードなどを積んでいるヨットもあります。長時間の利用であればバーベキューグリルを搭載しているヨットもありますので、船上でバーベキューなどを楽しむこともできます。こういうサービスはチャーターなアではです。

チャーターヨットに乗る時の服装や持ち物

輻輳は普通にカジュアルな服装でも構いませんが、濡れても良い格好をしておくと良いです。船内で着替えることもできますが、できれば水着は着てきた方が良いと思います。
濡れることを想定して、タオルや着替えなども準備しておくと良いでしょう。また、日焼け止め、サングラス、キャップ(帽子)などもあった方が良いです。本気でセーリングを楽しみたい人(ヨットマン)の場合には、言うまでも無いと思いますが、セーリンググローブを持参しても良いと思います。
食べ物や飲み物の準備はリクエストすれば別料金で準備してくれますが、数時間のチャーターの場合には、食べ物や飲み物は持参した方が安上がりです。アルコール類もOKです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チャーターの申し込みの方法

チャーターの申し込みは、チャーター会社へ直接する(ホームページ又は電話など)方法とチャーターヨット検索サイト(アクティビティーの検索サイトと同じような感じ)もあるので、そこで船を選んで空き状態を問い合わせて申し込む方法があります。

チャーターヨット会社

ハワイ(オアフ島)で有名なチャーター会社を2つご紹介します。

トレードウインドチャーターズ “TRADEWIND CHARTERS”

この会社はパッケージ型のプライベートチャーターを主としている会社で、アクティビティー別に料金設定されています。以下は全て43フィートのセーリングヨット(6名迄)の場合です。
➀セーリング&スノーケル(3時間)495ドル、出港は8時・11時・14時から選ぶことが出来ます。
➁サンセット&ムーンライトセイル(2時間+ディナー&飲み物)495ドル。
➂フィッシングアドベンチャー(3時間+釣り道具一式、シュノーケリングなども可能)595ドル、出航は➀と同じ選択可能。
➃ファイヤーワークスセーリング(金曜の夜限定+オードブル+飲み物)695ドル、サンセットセイルにヒルトンの花火を海上から鑑賞できます。
➄ミモザサンライズセイル(2時間+シャンパン&オレンジジュース)495ドル、出航は日の出前。

トレードウインドチャーターズ

上のリストの他、オーバーナイトチャータープランや、数日のチャータープラン、ネイバーアイランドへ渡るブランなど、数多くのプランが準備されています。詳しくはホームページ及び直接お問合わせください。
“TRADEWIND CHARTERS” https://www.tradewindcharters.com

ホノルルセーリングカンパニー “HONOLULU SAILING COMPANY”

このチャーター会社は、オアフ島で最も古くからチャーター事業を行っている会社でヨット(セイルボート)とパワーボートの両方をチャーターしています。
43フィートのセーリングヨット(6名迄)で1時間あたり175ドルで最低2時間以上のチャーターが必要です。
3時間は450ドル、1泊の場合には850ドルなどです。出港時間ややりたいことなど、全てカスタマイズ可能なので、先ずは問合せからという事になります。

ホノルルセーリングカンパニー

“HONOLULU SAILING COMPANY” http://honsail.com/

チャーターヨット検索サイト

ゲットマイボート “GETMYBOAT”

このサイトはハワイで優良なチャーターボートのみを紹介する検索サイトです。検索条件は目的、予算、グループの人数で絞り込み出来るようになっています。
ゲットマイボート
上のキャプチャーをクリックすすると、このサイトに登録されているヨットが一覧で出てきます。また、右側の地図はそのヨットの所在地を示しています。
興味のある船の写真をクリックすると詳細画面に移動します。

ゲットマイボートのボート詳細画面
この画面の簡単な説明をしておきます。
このヨットの場合、1時間あたり175ドルで最低2時間以上からのチャーターになるという事が書いてあります。
Rates:の下に水色の文字で Read full description というところをクリックすると、更に詳細な情報を見ることができます。
料金については、右上の部分に最低料金(1時間あたり)の表示がありますが、その下に水色の文字で More pricing options のところをクリックすると、その他の料金体系が表示されますが、ここは1時間あたり、1日あたり、1週間あたりの料金が書かれており、船によって異なります。

予約問合せの方法

この船を予約したいと思ったら、画面サイズによって位置は異なりますが、上の参考写真では値段の上に水色のボックスで Send a Booking Inquiry のボタンを押します。
~Send a Booking Inquiry の画面に移るのでContinueボタンを押します。書いてある内容は、これから予約するための必要な情報を質問するよ。クレジットカードなどの情報は不要だから安心してね…的な内容です。
~Durarion(期間)の画面に移りますので、何時間借りたいかを入力します。入力したら下のNextボタンを押します。以下、同じ手順で質問に答えてゆきます。
~Preferred Date(希望日)~Departure Time(出発時間)~Group Size(グループサイズ)大人、高齢者、子供、乳児と乗船する人の人数~Anything Else?(その他質問など)~Your Contact Details(連絡先の入力)~Our Agreement(同意事項)プライバシーポリシーや規約に関する同意の確認です。~Similar Listings(似たような船に同じようなリクエストを同時に送りたい場合に使う)~Inquiry Sent!(問い合わせは送信されました!)
送信された後にDoneを押すと、あなたのアカウント画面が表示されます。
アカウント画面の右上のプルダウンでアカウントを表示すると、あなたのアカウント事項が表示されます。下の方にLanguages Spokenの欄がありますので、話すことが出来る言語を入力しておきましょう。あまり英語に自信が無い方はJapaneseを設定しておけば、当日、日本語ができる船長を派遣してくれます。片言でも話せる、少し理解できる場合には、Description にその旨書いておくと良いでしょう。例文集はココをクリック

最後に…

日本ではチャーターの仕組み自体があまり一般的ではないので聞き慣れないと思いますが、海外では割と気軽に多くの人が旅のアクティビティーとしてチャーターを利用しています。チャーターの最大の利点は、乗合ではなく貸切で楽しめるところです。また、船長付きのチャーターであれば、船長は海の達人ですから、海遊びしたいとか、釣りがしたい、クジラやイルカが見たいとリクエストすれば、ゲストの要望にあった場所に連れて行ってくれます。他のお客さんを気にすることなく、自分たちだけで気兼ねなく、自分たちのペースで海を楽しめるという点でとても良い手段だと思います。
勿論、ヨット大好きで、日本で乗っている人ならば、船長に操船やらせてよ!って言えば、安心してヨットを楽しむことだってできます。
是非、利用してみては如何でしょうか。

コメントを残す