ヨットに誘われたり、ちょっとだけ興味があっても、その先へ進むにはかなりの勇気が必要なのがヨットだと思います。勇気が必要な理由は、ヨットに乗るという事がどういう感じなのかということが乗ったことのない人には全く想像できないからではないでしょうか。これは真っ暗なトンネルに明かりを持たずに突っ込んでいくのと同じようなもので、その先のことがよくわからないことに人はなかなか手を出したくないと言うのが人の心理ではないかと思います。だからこそ日本ではヨット(セーリングクルーザー)のことはあまり知られていませんし、一般的ではありません。ネットで検索してみても本当にちょっとだけ興味を持った人が知りたい情報が容易には出てこないし、専門用語の羅列ですから…。そうなってしまった理由はヨットをやっている(セーリングクルーザーに乗っている)コア層の年代が今や高齢者であることや、バブル崩壊から始まる日本の長い不景気の時代も相まって業者の活動も活発では無かったという事から、完全にネットの情報世界から抜け落ちたジャンルになっているのです。

僕たち夫婦も知人のヨットオーナーからお誘いを受けたとき、正直かなり戸惑いました。僕自身は一度はヨットに乗ってみたいと何となく昔から思っていましたが、そのための予備知識などあるわけでなく、そもそもヨットの何がどう楽しいのかという情報が身近に全く無かったのですから、僕たち夫婦の貧困な発想力ではごくごく一般的なヨットに対するイメージである「お金持ちの優雅な楽しみにちょっとご一緒させて頂く」という程度しか想像できませんでした。

先ず僕一人がお試しで乗ってみたところ、僕はそのたった1回でヨットにハマってしまいました。そして暫くして妻も一緒に乗せて頂いたわけですが、妻が初めて乗った日はヨットレースの日、雨が降り風も強く波もあるコンディションでヨット用のウエアなど持っていない僕たち夫婦はゴルフ用のカッパを着て参加した結果、下着までびしょ濡れになる始末。普通の女性ならもう絶対に乗るのは二度と嫌だと言ってもおかしくなかったのですが、周囲の想像を覆し「また乗りたい!」と…、やっぱり妻もヨットにハマってしまったのです。
それから僅か数年で自分たちのヨットを持つまでになり、 自分たちのヨットにゲストを乗せてセーリングしている様子などをSNSなどにアップし始めると、「乗らせてもらう事ってできるんですか?」なんて話がチラホラ知り合いから出るようになりました。
その反響は、な~るほど~と言う感じです。僕たちがセーリングやヨットで過ごす様子を写真や動画を通して見た人たちは、こんなのだったら乗ってみたいと思ったんでしょうね。

そこで今回は、「ヨット(セーリングクルーザー)に乗るという事はどういうことなのか?」「 何がどうなって、どう楽しいのか」というようなことを、経験的視点から独断と偏見を交えてお話したいと思います。

スポンサーリンク

セーリングディンギーとセーリングクルーザーの明確な違い

ヨットと言ってもいろいろな種類があることは、これまでにいろいろな視点からご紹介してきましたが、明確な遊び方(楽しみ方)における違いについては書いたことがありませんでした。それは、違いを簡単に表現するという発想がなかったからなのですが、今回は私の独断と偏見ではありますが、あえてわかり易く表現してみると、「ディンギーはスポーツ&アクティビティー」「クルーザーはツアー&スタイル」と表現するのが一番わかり易いかもしれません。

セーリングディンギー(ヨット)は、サーフィン、パラグライダー、ボルダリング、スキー、釣り、キャンプと言った単体の遊びと同列線上にあるものです。(種目名としてはセーリングと言います。)つまり、「セーリング」することだけに特化している遊びと言えば理解し易いのではないでしょうか。
それに対して、セーリングクルーザー(ヨット)は、旅すること、つまり何処かに行って何かを観たり、経験したり、体感したり、食事したり、宿泊したり、と言うような感じで、単体の遊びではなく過程の全てを楽しむもの、つまり旅行とか”お出掛け”、更にはライフスタイルが「クルージング」だと私は考えています。
勿論、セーリングクルーザーでセーリングしているときはセーリングディンギー同様にセーリングするというスポーツ的な要素も十分にあります。そのことについては後述します。

セーリングとクルージング

セーリングとクルージングの明確な違いは「行動範囲」と「船で過ごす時間」です。

多くのスポーツは「ある一定の場所(フィールド)」でそのスポーツ(種目)をプレイします。例えば、サーフィンなら波の立つ海辺(ポイント)、スキーならスキー場(ゲレンデ)、ボルダリングならクライミングジム、釣りなら海や川などの釣り場、それぞれ種目ごとに一定のフィールドでそれをプレイし(楽しみ)ます。ディンギーヨットでも同じようにセーリングをプレイするための場所をゲレンデって呼んだりする人もいるように、限られた海域でセーリングを楽しみます。サーフィンやスキーなどと同じように、数時間やれば十分と言う感じですね。

それに対してクルージングは、長い距離を移動することを指します。英語の”cruising”は日本語訳では「巡航」とあるように、いろんなところを巡るので行動範囲は広域ということになり、海があるところなら何処までも行くことができます。何処までも行けるのですから、数時間どころではなく何日にも渡って航海することもできます。そうなると当然、家のように船の中で生活もするということですね。

セーリングクルーザーという乗り物

「セイルクルージング」は、セイル=帆、クルージング=巡航する という意味で「帆を使ってあちこち巡る」ことです。つまりセーリングクルーザーは、セイルクルージングするためのヨットということになります。つまりクルージングできる装備(設備)※詳しくはこちらの記事があるということです。その船でディンギーヨットのようにセーリングを楽しむことだって勿論できますが、生活できる設備がある船ですから、大きさは大きくなってしまいます。
セーリングは帆を使って水の上を走ることです。ディンギーヨットやウインドサーフィン、大きくなると大型帆船でも帆走することをセーリングと言います。大きさの違いはあっても帆を使って水の上を走ることはすべてセーリングです。しかし、セーリングクルーザーでセーリングするという事は、同じ帆を使って走ることではありますが、ディンギーやウインドサーフィン、更に大型帆船とはまた違ったセーリングの醍醐味があるのです。

では、ここからはいよいよ「セーリングクルーザー(ヨット)の醍醐味」とはどういうものなのかを説明してゆきたいと思います。

スポンサーリンク

セーリングクルーザーでセーリングするとはどういうことなのか

このテーマがヨットを経験したことない人にとっては最も頭の中で想像しにくい部分だろうと思います。僕たち夫婦も最初はそうでしたでの、ここではシーン別に説明をしてゆきます。

以下、セーリングクルーザーのことをヨットと簡単に表記します。

1. ヨットは風の力だけで走る

ヨットが帆を広げ風の力だけで走り始めることをセーリング(帆走)状態に入ると言います。
ヨットは小さいものでもおよそ20フィート(約6メートル)以上、重さは3トン前後あります。※ご参考までにうちのMALU号は37フィート(実測でおよそ12メートル)重さは7トンもあります。
陸上で6メートル3トンと言えば乗用車よりも大きなものがエンジンの力を使わずに水の上を走ることができるということです。勿論、補助動力としてヨットには必要最小限のエンジンが搭載されていて、風の無い時や港の出入港の際には帆を下ろしエンジンの力で走ります。(機走と言います。)風が弱い時にはエンジンと併用して走ります。(機帆走と言います。)

ヨットは基本的にエンジンを使って出港しエンジン音をたてながら移動します。港を出て帆を広げ風を掴んだらエンジンを止めセーリング(帆走)し始めます。エンジンのけたたましい騒音が無くなり、ヨットの舳先(へさき)が水を切って走る音だけになり静かに風の力でだけで帆走するのです。

エンジン音が止み、水を切る音と風の音だけで海上を走り始めたとき、こんな大きく重たいものが風の力だけで走るんだって、そのダイナミックさに僕たち夫婦は感動しました。初めてヨットに乗る人は先ず皆そう感じる筈です。また、最初に乗ったヨットが大きければ大きい程、ダイナミック感が更に大きくなりますから、驚きにも似た感動がある筈です。
これはヨット最大の醍醐味であると言えます。また、風さえあればヨットは何処までも燃料を使うことなく走り続けることができるのもヨットの醍醐味でセーリングクルーザーの最大の魅力でもあります。

2. ヨットは傾いて走る

乗り物が傾いて走るなんて常識では考えられないことです。しかし、ヨットは帆に風を受けると風下側(かざしもがわ)に傾きます。これをヒールすると言います。ヨットに初めて乗った時、これが一番驚くことだと思います。船がひっくり返ってしまうのではないかと心配になりますが、そんなことはありません。このヒールすることは非日常的な体験であることは間違いありません。

傾きの角度は風が強ければ強いほど傾斜も大きくなります。安全を考えて普段は20度前後になるように調節しながらセーリングしますが、レースの時などは30度から45度のヒール角で帆走するヨットもあります。余程の事が無い限りヨットが倒れてしまう事はありません。

船底にある何トンものバラストウエイト(重り)により、風で倒れようとする力と船底のバラストにより垂直に戻ろうとする力(復元力)が前に進む推進力に変換されるからです。ヨットは風の力を受けて進むために倒れないように設計されているというわけです。(ちょっと大雑把に説明しています。もっと詳しいことを知りたい方は教本等をご参照ください。)

3. セーリングしている時はスポーツ

ヨットと言うと「優雅な遊び」とよく言われます。しかし、実際には上で書いたように、風を受けて傾いて走りますから、それだけでかなり非日常的な体験となります。船上では優雅にお酒を飲んでのんびりするというようなイメージを持っている方も多いかと思いますが、セーリング(帆走)している時には、全くそんなことはありません。(風が弱ければ確かにかなりのんびりですが特に強い風の時にセーリングすると、帆を調整して船の傾きを調節しますし、舵だって自動車のハンドル操作ように簡単ではありません。波や風に合わせて舵を頻繁に調節しながら走ります。何もできない初心者は、船にしがみついているのが精一杯と言う感じですが、慣れてくるとロープ類を引いたり出したりと操船の手伝いもすることになってくると思います。風や波の力は想像よりも大きなもので、ロープを引く手もかなりの力が必要です。
傾く船上で体を水平に保つだけでも全身運動になっていますし、体を如何にうまく休める態勢を取りながらセーリングを楽しむかなんてことも考え始めるようになります。

うちのMALU号は古いヨットなので、セーリングをしているときにはフォットネスマシンのような感じです。引くロープ類は全て重いし、セイル(帆)を出し入れするだけでもかなり力が必要です。頻繁に帆の調節などを繰り返すと、腕だけでなく足腰全体を使いクタクタになります。僕はヨットに乗るためにトレーニングを少しばかりしているくらいですから

4. ヨットで食事

ヨットには炊事設備があるので、ヨットでご飯を作って食べることができます。船が大きければ更にその設備は充実していて、家のキッチンのような設備を持っているヨットもあります。炊事設備があっても海上で走りながら調理することは、ロングクルージングにでも出ない限りそんなにやることはありませんが、冷蔵庫やクーラーボックスに冷たい飲み物を入れ、冬場はガスでお湯を沸かして暖かい飲み物を準備し、お弁当や果物、おやつなどを持って行き、海の上で食事を楽しむことが簡単にできます。セーリングに疲れたら帆を下ろしたり、風を逃がしてのんびりランチタイムやおやつタイムを楽しみます。まあ、このシーンがヨットは優雅な遊びだと言われている由縁ですね。でも、登山やハイキングに行ったって同じように食事しますよね。それが海上で出来るだけの事なのですが、それはやっぱり非日常的な体験となります。

因みにヨットは前にも書きましたが、船底にバラストを持っているので、海上で止まっている時に一般的なモーターボートに比べてかなり安定しています。モーターボートは水の上を速く走るために水面を滑走するように軽く船底ができています。それに対してヨットはセーリングの時に風の力を使って水中のバラストにより起き上がろうとする復元力を使って走る力にしていると説明しましたが、バラストには船を安定させる役割もあるので、水上で安定してのんびり食事を楽しむこともできるわけです。

5. ヨットで宿泊

港に係留したり、静かな入り江に入ってアンカリング(錨を下ろす)すれば、ヨットは水上コテージに早変わりです。小さなヨットでもキャビンがありますから、キャンプでテントを張る面倒無しに船内に泊まることができます。コックピットデッキでバーベキューしたり、星空の下で一杯やりながら夜がふけてゆくのを楽しむことだってできます。
上で書いたように、炊事設備だってあるのですから、料理だってできます。ヨットの大小によってまさに気分は水上キャンプや水上コテージに宿泊するような感じです。豪華なヨットならば、船内にシャワー設備あったり、個室のトイレだってあります。電気を引いてくることができれば、電子レンジを使ったり、冷蔵庫、炊飯器、電気ポットを使ったりもできます。プロパンガを積んでいるヨットもありますし、最近はカセットコンロも普及していますから、ガスを使った調理だって簡単にできます。そんな装備が無いヨットでも、最近のキャンプ用のクッキングアイテムを使えば、食事の準備をすることができます。船上で食事の準備をすること自体、非日常的な体験ですよね。

僕たち夫婦はMALU号に行くときには殆どが泊りがけで行きます。まあ、小さな別荘のようなもので、スーパーやコンビニで買い物をしてきて、船で簡単な料理をして、テレビを見たりしながら夜を過ごします。普段ヨットを係留しているマリーナには温かいシャワー設備もあるので汗を流してから、昼間のセーリングで普段より疲れているので、いつもより早く船室のベッドに潜り込み、気付けば朝になっています。いつもより早く寝た日は目覚めも早いので早朝の朝焼けや澄んだ朝の様子をみることができたりもします。

スポンサーリンク

最後に(まとめ)

ヨット(セーリングクルーザー)の醍醐味は上に挙げた5つに尽きます。小さなディンギーヨットでは決して経験できないことがたくさんあります。

セーリングクルーザーはヨットオーナーによっては、日本中を旅してまわっている人も居ますし、海外まで遠征しているなんてこともあります。また、手軽なところでは週末にちょっと乗りにやってきて、ちょっと海に出てセーリングして、船の上で簡単に食事して家に帰る人もいます。また、ショートトリップで1泊程度で近場の港に行き温泉に入ってくるなんて人もいます。そのスタイルは様々ですが、そのヨットライフやスタイルはオーナー次第です。
明確な違いのところで表現した「ツアー&スタイル」と言うのは、実はそういう意味なのです。是非、興味のある方は一度体験してみてはどうでしょうか、楽しいですよ。

コメントを残す