コロナ禍の緊急事態宣言解除は、おそらく東京が国内最後になるに違いないと思いつつ、他県に係留しているMALU号には会いに行くことが出来ないし、晴れていい風が吹いているこの時期に悶々とした毎日を過ごしながら外出自粛が只々解除される日を待つしかない日々…。
そんな時に何かヨット関係で時間つぶしができないかと考えているヨッティーは僕だけではないと思います。

そんな時にネットサーフィンで見つけたヨットらしき不思議な物体。マストが立っていてセイルが付いている。それもスループのトリマラン。なかなか本格的だなと思いながら拡大画像などを見ていると、いけないいけない…、これはついつい買っちゃいそうになる雰囲気満載です。

UGEARS YACHT

そこで、購入ボタンをポチっと押しそうなる気持ちを一旦抑え込み、この”UGEARS”というモノがどんなものかを冷静になって調べてみるとにしました。

…と言うことで、今回はヨッティー達の暇な時間をヨットに思いを巡らせながら過ごすことができる面白そうなヨットモデルについて調べてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

UGEARS(ユーギアーズ)とは?

この UGEARS というモデルキットは、接着剤を使わず組み立てることが出来る木製(特殊合板)の機械モデルキットで、2014年にウクライナのキエフで最初のモデルが販売されて以来、ヨーロッパで大ヒット、その後アメリカや日本にもやってきたパズルスタイルのDIYキットモデルです。
デザインは、ちょっぴりクラッシックなスタイルでヨット以外にも、自動車、蒸気機関車、トラム、などの乗り物、機械、楽器、金庫などなど、20種類以上のざまざまなモデルがあります。

Trimaran Merihobus mechanical model kit

この観賞用モデルは、トリマラン型ヨットモデルで、名前は”Merihobus”(リトアニア語)、日本語では「タツノオトシゴ」という名前が付いています。

Trimaran Merihobus mechanical model kit
トリマランモデル

このトリマランモデルは、多少のデフォルメがあるものの、ウインチ、リギング、ハルなどが忠実に再現されていることです。また、ハルはスケルトンで実際に水に浮かべることはできませんが、その内部メカニズムを見ることができます。また、このモデルの凄いところは、アンカーが出し入れ出来たり、セイルはメイン、ジブともにファーリング式で実際に巻き取りが可能、ラットも回すとラダーが動いたり、ウインチも実際に巻き取り出来るなど、かなり凝ったギミックがあるところで、ホンモノのヨット乗りにも納得の動きです。

メインファーラー

製作はイラスト図面(リンクしていますがデータサイズが重たいです)を見ながらですが、接着剤や工具などは一切不要になっています。また、YouTube動画で組立の説明動画まであるので、よく解らなくて途中でお位入りということもなさそうです。
 

この実際に動くという部分がUGEARSの最大の特徴で、他のモデルでも実際に動く、動作させる、操作する、楽器に至っては演奏までできるので、出来上がってからも楽しむことができます。このモデルはアドバンスドモデルだそうで、かなり製作には骨が折れるようで、目安時間は12-15時間程度だそうです。

Hurdy-Gurdy Model

この「ハーギー・ダーギー」というモデルは、実在の楽器をモデル化したもので、造りも精巧なら、実際に組み上がった後は楽器として演奏も可能なモデルです。フランスの民族音楽やハンガリーの音楽などでバグパイプと一緒に、またはバグパイプの代わりとして使われたりする楽器です。
この楽器の凄いのは、バイオリンのように舷を弓の代わりホイールを回して響かせ、音を奏でるようになっていて、音階は大正琴のような小さな鍵盤を押して音を変えます。

Hurdy-Gurdy

ヨットの中にウクレレを置いている人が居たりしますが、これを置いて、時には適当に弾いてみたりするのも、欧州のヨットライフっぽくて良いかもしれません。(あくまでもヨット目線…)

演奏している様子が動画に収録されていますが、なかなか楽しそうですよ。これは、中級者向けモデルという位置付けのようで、製作時間は一気にやって4-5時間だそうです。

Wheel-Organizer mechanical model kit

マリンっぽいところでは、この船のステアリングハンドル(ラット)を回して楽しめる、ペン立てはどうでしょうか?

Wheel-Organizer mechanical model kit

これは、初心者モデルなので、非常に簡単・短時間に製作できます。

デスク上にちょっとしたマリンっぽい雰囲気を出すことが出来ますね。

最後に… 欲しくなりそうなキットがいっぱい

この記事を書きながら、結局のところ僕もポッチっとトリマランヨットを買っちゃいました。まだまだ外出自粛は続きそうなので…。
因みに、今回ご紹介しましたヨット以外にもホームページに様々なキットが掲載されています。結構、ヨットは造るとサイズが大きく、出来上がったら何処に置こうかと、また悩みが増えてしまいそうですが、まあ不用品を断捨離して置き場つくりも時間つぶしになりますかね(笑)

 
クリック頂けると嬉しいです

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ヨットへ

スポンサーリンク

コメントを残す